害虫駆除は専門業者へ

害虫の代表

南京虫の被害を抑えるために

最近、南京虫の被害が増えてきているといわれています。外国からの観光客などが日本に持ち込んでいることが知られており、宿泊したホテル、旅館といった場所で、間接的に被害にあうわけです。そこで、体に異変が起こった場合には、そのままにせず、衣服、持ち物に対して適切な処置をすることが重要です。主に南京虫はざらざらした場所などに潜んでいることが多いことから、衣服やバッグなどに付着していることが考えられます。そこで、衣服については、80℃以上のお湯で洗濯をすることが有効な手段になっています。お湯が使えないものについては、高温のスチームを充てる方法や、ドライヤーの熱を充てる方法もあります。とにかく持ち物に付着しているかもしれない南京虫駆除を確実にすることが重要です。

南京虫対策は敵を知ること

南京虫の被害にあった時に、すぐに犯人を見つけることが難しいものです。基本的に南京虫は寝ている間の夜間に近寄ってきて吸血を行います。最初はよくダニにかまれた、ということで済ましがちです。しかし、おかしいと思った時にはしっかりと処置をする必要があります。明らかに吸血されたことが分かった時に、調査しても原因がわからない場合には、害虫駆除を行っている専門業者に依頼することが確実です。南京虫駆除にかかわらず、すべての害虫を対象として調査をしてくれます。南京虫駆除の必要があると判明した場合には、生息域である、物陰を中心に調査をして、潜伏先を特定して南京虫駆除を行ってくれます。業者探しはインターネットを利用すると、最寄りの業者をさがしやすくなっています。